頭痛 吐き気

MENU

頭痛と吐き気について

ひと口に頭痛といっても人それぞれに多種多様に発生します。単なる寝不足や疲労、また女性の生理などから起こる単発的な頭痛やストレスや疲労の蓄積などの生活習慣などから起こる慢性的な頭痛などさまざまです。

 

 

 

しかし、単発的にしても慢性的にしても、吐き気を伴う頭痛となれば深刻です。特に突発的に起こった吐き気を伴う頭痛の場合には、緊急性を要する重篤な病気の兆候かもしれないのです。吐き気を伴う頭痛の場合には、脳腫瘍や脳出血などの脳の危険な疾患が原因であることが多く見られるのです。

 

 

 

多種多様な頭痛の症状的特徴から、頭痛の原因を推測することはとても重要なことです。そこで吐き気を伴う頭痛の種類や症状、原因となる病気や対処法などについてお伝えします。

 

 

吐き気を伴う頭痛の種類と危険性

 

吐き気を伴う頭痛には、大きく分けて緊急性を要しない習慣性の「慢性頭痛症」と緊急性を要する疾患性の「症候性頭痛」とがあります。

 

 

習慣性の「慢性頭痛症」

慢性頭痛症」とは、一般的にいわれる習慣的な「頭痛持ち」のことです。習慣的・慢性的に頭痛が発生することで、気になり過ぎて悩む神経過敏症の人が多いのが特徴です。しかし病院で検査をしても体の異常は見当たらず、病気とは言えないタイプの頭痛です。この慢性頭痛症は、多くの人にみられる「偏頭痛」や「緊張型頭痛」とまれにみられる「群発頭痛」との3種類。明らかに吐き気を伴う症状があるのが偏頭痛だとされています。

 

 

疾患性の「症候性頭痛」

症候性頭痛」とは、なんらかの病的疾患が原因となって起こる頭痛です。激しい頭痛と吐き気を同時に伴う場合には、脳の疾患が原因となることが多く命の危険に関わる緊急性も必要なことから、病気の種類ごとの症状の特徴を良く理解しておくことが大切です。

 

 

 

頭痛や吐き気の激しさの程度は、原因となる病気の種類によって異なり、また個人差もあります。頭痛の程度はハンマーで殴られたような激痛から穏やかな鈍痛までさまざまです。異常を感じた時には医療機関での緊急受診が重要です。また、いわゆる“頭痛持ち”の慢性頭痛症の方は、普段からのいつもの頭痛だと思い込んで受診が手遅れになる可能性もあるので特に注意が必要です。

 

 

吐き気を伴う「慢性頭痛症」の種類と症状

 

前述したように、神経過敏症が原因で起こる「慢性頭痛症」には、3つの種類があります。体温が上昇する暑い時期に起こりやすい「偏頭痛」と、体温が下降する寒い時期に起こりやすい「緊張型頭痛」が代表格。そしてもうひとつは、1年〜数年毎に、決まった期間・時間に定期的に起こる「群発頭痛」です。

 

 

偏頭痛(片頭痛)

偏頭痛」は片頭痛ともいうように、頭部の左右どちらか(まれに両側で)のコメカミ周辺を中心にして発作的な痛みが走ります。月に2〜5回程度の頭痛が発作的に発生し、脈拍とリズムを合わせたようにズキンズキンと痛み頭痛が激しい時には持続的な痛みに変化することもあります。頭痛のピークには、吐き気を伴っておう吐することがあります。

 

 

 

脈拍のリズムに合せて起こる痛みは、コメカミ周辺の血管が拡張することが原因で、セロトニンというホルモンが関係しているといわれています。したがって体温の上昇で血管の拡張が起こりやすい運動時や入浴時や暑い夏など、また女性の生理中でのホルモンバランスの乱れなどの際に発生しやすい症状といえます。遺伝的要素も強く30歳までに発症する例が多く見られます。

 

 

緊張型頭痛

緊張型頭痛」は、慢性頭痛症の中で最も多いタイプで、頭の両側から締め付けられたような重たい圧迫感があり、後頭部から首筋にかけて特に痛みます。首や肩、筋肉などのコリやめまいを伴うこともありますが、偏頭痛のような吐き気やおう吐などの症状はほとんどみられません

 

 

 

偏頭痛は体温が上昇すると痛みが激しくなるのに対して、緊張型頭痛は体温が下降すると痛みが増します。したがって入浴やマッサージなどで首や肩を温めると痛みが緩和できます。緊張型頭痛は、緊張という名前のとおり首や肩の筋肉の緊張によって引き起こされます。ストレスや精神的緊張感、運動不足や姿勢の悪さなどが筋肉の緊張とコリを招くとされています。

 

 

群発頭痛

群発頭痛」は、慢性頭痛症の中でもまれなタイプで、男性に多くみられます。1年〜数年に1回、1〜3か月の期間だけ毎日決まった時間帯(1〜2時間)に定期的に頭痛が繰り返されます。これらの定期性は発期と呼ばれています。ただ例外的に1年の内で11か月以上も継続的に痛みが続く「慢性群発頭痛」というタイプもあります。

 

 

 

片目の上部や目の奥、こめかみ周辺がえぐられるような強烈な頭痛があることが特徴です。また頭痛の直前に、首の張りや目のカスミなどの前ぶれ症状があり、頭痛の最中には目の充血や涙目や鼻水の症状などがあらわれます。なお偏頭痛のような吐き気やおう吐などの症状はほとんどみられません

 

 

吐き気を伴う「症候性頭痛」の種類と症状

 

症候性頭痛」とは、前述したように病的疾患が原因となって起こる頭痛のことです。脳の疾患など命にかかわる重篤な病気が原因で起こる頭痛も数多くあります。これらの症状の特徴として、頭痛とともに吐き気やおう吐を伴うことが挙げられます。

 

 

 

【頭痛・吐き気の原因が頭部(脳)にある主な病気】としては、「脳腫瘍」「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」「高血圧性脳症」などがあります。いっぽう【頭痛・吐き気の原因が頭部(脳)以外にある主な病気】としては、「尿毒症」「急性扁桃炎」「中耳炎」「インフルエンザ」「熱中症」などがあります。

 

 

頭痛・吐き気の原因が頭部(脳)にある主な病気

脳腫瘍

脳腫瘍(のうしゅよう)」とは、脳を収納する頭蓋(ずがい)の中に発生するいろいろな腫瘍の総称で、大きく良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられます。ほとんどの脳腫瘍に共通した症状の特徴は、頭痛・吐き気・おう吐です。ただ頭痛が初期症状として現れることもありますが、頭痛が起こった時には、すでに脳腫瘍が進行して大きくなっていることが多いといわれています。

 

 

 

脳腫瘍の最大の特徴は、顕著な前兆があることです。頭痛が起こる前に、吐き気やおう吐の顕著な症状やふらつきや手足の麻痺(まひ)・痙攣(けいれん)、意識障害や視覚と聴覚などの異常症状が現れることが多いとされています。

 

 

脳梗塞

脳梗塞(のうこうそく)」とは、脳の動脈が血栓などで塞がれて血液が流れなくなり、脳内の酸素欠乏で神経細胞が壊死(えし)した状態のことです。頭痛は、想像するほどの激痛はなく、頭が重たい感じや奥で痺れるような痛みがありますが、痛みが起こらないこともあります。

 

 

 

脳梗塞の最大の特徴は、吐き気・おう吐、めまいや目のカスミなどの顕著な前兆があることです。次第に片手・片足のしびれや麻痺、ろれつが回らないなどの運動障害や言語障害、さらに意識がもうろうとなる意識障害などの症状が現れます。

 

 

脳出血  

脳出血」とは、脳の血管が破れて脳内の出血が突然に起こる疾患のことです。脳梗塞と同じように、頭痛は想像するほどの激痛はなく、頭が重たい感じやズキンズキンとした痛みを伴いますが、まれに痛みが起こらないこともあります。

 

 

 

脳出血の最大の特徴は、吐き気・おう吐、めまいや目のカスミ、気分の悪さなどの顕著な前兆があることです。次第に手足の麻痺という運動障害、身体のしびれなどの感覚障害、ろれつが回らないなどの言語障害、意識がもうろうとなる意識障害などの症状が現れます。

 

 

くも膜下出血

くも膜下出血」とは、脳内のくも膜下を走る動脈から出血した状態のことで、血液が脳全体に広がってしまいます。頭痛は激しく、いきなりハンマーで殴られたような激痛を伴い、その後もガンガンする痛みが継続します。

 

 

 

くも膜下出血の最大の特徴は、いきなりの激しい頭痛と吐き気・おう吐を伴うことです。頭痛の強烈な痛みは、くも膜下の動脈にできた動脈瘤というコブが破れたために起こる激痛だとされています。意識障害が出て目がくらみ卒倒することや昏睡状態に陥ることもあります。

 

 

高血圧性脳症

高血圧脳症」とは、著しい血圧の上昇によって、脳の血流を一定に保つ自動調節能の範囲を超えて、脳血流が異常に増えて脳に異常をきたす症状のことです。

 

 

 

高血圧脳症の特徴は、頭痛とともに吐き気やおう吐などを伴う症状で、これを「頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)症状」といいます。さらに痙攣・視力障害・意識障害などへ発展していきます。

 

 

頭痛・吐き気の原因が頭部(脳)以外にある主な病気

?尿毒症

尿毒症」とは、腎不全などの著しい腎機能低下によって尿成分などが血液中に蓄積されて起こる中毒症状のことです。症状の特徴は、頭痛と吐き気・おう吐を伴い、口渇や食欲不振、胃腸障害、疲労蓄積などがあり、ひどくなると昏睡状態に陥ることもあります。

 

 

急性扁桃炎

急性扁桃炎」とは、喉の入り口の扁桃が赤く腫れて、痛みや発熱などの症状を伴う病気です。子供や青年が疾患しやすく、高齢者は扁桃の委縮が見られるためほとんどかかりません。症状の特徴は、38度以上の高熱と喉の痛みとともに頭痛・吐き気・おう吐、首のリンパ節の腫れなどを伴うことが多く見られることです。普通、3〜4日で治癒します

 

 

インフルエンザ

インフルエンザ」とは、ウイルスに感染後1〜3日の潜伏期間を経て、突然の高熱を伴って発症するウイルス性の風邪です。症状の特徴は、38度以上の突然の高熱、全身倦怠感、関節痛や筋肉痛、腰痛、食欲不振などの全身症状が現れます。その後、咳(せき)やのどの痛みや鼻水などの症状とともに頭痛・吐き気・おう吐なども伴います。普通、10日前後で治癒します。

 

 

中耳炎

中耳炎」とは、インフルエンザのウイルスが起こす喉や鼻の炎症が耳中まで及んだものや、その他の細菌の感染による耳中の炎症のことです。インフルエンザウイルスの感染の場合は、インフルエンザと同様の症状が現れることが多くあります。症状の特徴は、耳の痛みや難聴の症状とともに食欲不振や頭痛・吐き気・おう吐などの症状を伴うことがあります

 

 

熱中症

熱中症」とは、高温多湿の場所に長時間いることで、水分補給不足により起きる脱水症状のことです。脱水症状は、顔のほてり、喉の渇き、めまい・立ちくらみ、体の倦怠感、体温の上昇など多様です。症状が悪化すると手足の痙攣や意識障害を起こします。また頭痛とともに吐き気・おう吐を伴うことも特徴です。

 

 

慢性頭痛症の対処法

 

慢性頭痛症」は、特定の病的疾患が原因ではないので、原因不明の頭痛とされています。しかし、日常の生活習慣によるストレスや疲労、自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れなどが関係しているとされています。ストレスと自律神経とホルモンの3つは密接に関係し合ってバランスを保っています。ストレスや疲労を溜めて神経過敏症にならないように生活リズムを整えることが予防法であり対処法でもあるのです。

 

 

 

慢性頭痛症の「偏頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つのタイプは、それぞれに症状の特徴が異なります。実際に頭痛が起こってしまった場合には、それぞれの症状に応じた自己対処法が必要です。また鎮痛薬などを使用する場合には、医者の診断を受けて自分の頭痛のタイプに合ったものを処方してもらいましょう。

 

 

症候性頭痛の対処法

 

症候性頭痛」は、何らかの病的疾患が原因で起こる頭痛のこと。この症候性頭痛といわれるほとんどの種類の頭痛において吐き気を伴いま。脳に疾患がある場合と脳以外に疾患がある場合があります。き気を伴う頭痛が起きたら、最初に「脳に原因があるのか否か?」の判断が非常に重要になってきます。

 

 

 

脳に原因がある場合は、「脳腫瘍」や「脳出血」、「脳梗塞」や「くも膜下出血」など、命に関わる重篤な疾患が考えられます。また脳以外の箇所の疾患よりも、慎重かつ緊急な対応が要求されます。いずれにしても、頭痛と吐き気を同時に伴う場合には、早急な医療機関での受診が必要です。

 

 

まとめ

頭痛の原因やその症状は複雑で多種多様です。病気が原因でない慢性頭痛で吐き気を伴うのは偏頭痛だけ。吐き気の症状を伴う頭痛は、何らかの病気が原因であることがほとんどなのです。緊急な対処を要する危険な脳の病気が原因であることが多いので十分な注意が必要です。